絵本「そらまめくんのベッド」

著者:なかやみわ

先に紹介した「くろくん」シリーズと同じなかやみわ氏による作品。
前作は幼児に馴染み深いクレヨンを擬人化していたが、今回は打って変わって、子どもの嫌われ者(?)の豆たちを擬人化している。
グリーンピースとか、よく嫌いな食材にあげられている。
かくいうσ(^^)の息子も豆嫌い。

「そらまめくんのご自慢はそのフカフカのベッド。
友だちから貸して、と言われても断固拒否。
ある日、その大事なベッドがなくなる事件が発生!」

そらまめくんの友達はそらまめ、ではなく、さやえんどうやピーナッツ、グリーンピースと他の豆類なのが面白い。
それぞれの容姿と趣味趣向の違いから生じる、トラブルや助け合いが描かれている。
物語の発端は、そらまめくんのわがままなので、みんなで仲良くしましょう、という展開かと思いきやそうではなかった。
安易なモノの貸し借りの是非を暗に子どもたちに諭してるかのよう。

先に紹介した「くろくん」とは違い、こちらは色鉛筆タッチな絵柄で、柔らかい印象を受ける。
大人が見ても結構和める絵本かと思う。

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください