絵本「チリとチリリ ちかのおはなし」

著者:どいかや

「チリとチリリがお家でお茶をしていると地下室の方から大きな音がしました。
急いで地下室に行ってみると、壁に大きな穴が空いていました。
そして、穴の中に消えていく影が。
二人はその影を追いかけて穴の中に入っていくのですが・・・。」

今回、チリとチリリは地下へとサイクリング?する。
いつでも外に出るときは自転車らしい。
かなりの悪路が予想されるが、彼女たちの自転車はMTBなのか?

地下なので延々と真っ暗な世界を想像しそうだが、そんな期待を裏切り、色鮮やかなページが展開する。
もぐらの落花生工場は天井からシャンデリヤのごとく落花生がぶら下がり、地下のお花畑は深海魚のごとく異形でキレイな花を咲かせている。
なんとも目の栄養になりそうな絵本になっている。

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください