映画「ブルックリン」を観て

時は1950年代。 時代は第2次世界大戦から東西冷戦時代へ移行。 西側の主導権はアメリカが握り、どの国よりも豊かで反映していた頃だ。 そんなアメリカと比較し、明らかに遅れていたアイルランド。 そこで生まれ育った、内気な少 […]




映画「ラ・ラ・ランド」を観て

先月、久々に劇場で映画鑑賞をした。 妻と息子はドラえもん、σ(^^)は「グレイテスト・ショーマン」を鑑賞。 作品は面白く、ゾクゾクさせるオープニングがなんとも印象的だったのだが、あろうことか途中で睡没・・・。 なんか疲れ […]




映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」を観て

ゾンビ映画はもちろん、ホラー映画は観ない。 好んで見る人の気が知れない。 が・・・、公開当時からなにかと話題になっていたので、本作を鑑賞。 なるほど、さすが韓国映画、ゾンビ映画でも泣かせどころはちゃんと押えていた。 CG […]




映画「完全なるチェックメイト」を観て

羽生結弦の金メダルで霞んでしまったが、将棋界のラスボス羽生善治を、21世紀製の藤井聡太が破った。 藤井聡太はこの偉業をどう受け止めているのだろう? 百戦錬磨、人生の酸いも甘いも分かっているであろう羽生善治ならまだしも、藤 […]




映画「めぐり逢わせのお弁当」を観て

映画の冒頭、家庭で作られたお弁当が、幾つかの交通手段を経て、何人かの手を経て、職場へたどり着くシーンが印象的だった。 映画の解説文を読むと、ダッバーワーラーと呼ばれる弁当配達サービスらしい。 無事にたどり着くのか?と思わ […]




映画「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」を観て

なかなか見ごたえのある映画だった。 タイトル通り、ケネディ暗殺からの現地ダラスの4日間を、4組の登場人物を中心に据えて描いたものだ。 登場人物は、暗殺がなければ、何ら交わることのなかったであろう人物たちで、群像劇好きのσ […]




映画「先生と迷い猫」を観て

冒頭、猫目線の映像から映画が始まる。 「子猫物語」を思い起こさせるようなシーンだ。 でも舞台は都会から外れた小さな町。 「子猫物語」とは違い、生活感あふれた映像が続く。 主演がイッセー尾形ということで、鑑賞をちょっと躊躇 […]




映画「鑑定士と顔のない依頼人」を観て

「疑惑のチャンピオン」に続き、憂鬱な映画鑑賞はこのイタリア映画。 主人公は、オークションで競売人を務めるベテラン鑑定士。 周囲の接し方をみる限り、彼の鑑定力はかなり信頼のおけるもののようだ。 ただ、人間的には偏屈者で、他 […]




映画「疑惑のチャンピオン」を観て

先週末は憂鬱になる作品を2連チャンで鑑賞し、どんよりした気分で今週を迎えた(笑) その1つ目が本作。 ロードレースの世界最高峰と呼ばれる「ツール・ド・フランス」で、7連覇という偉業を成し遂げたランス・アームストロング選手 […]




映画「ムーンライズ・キングダム」を観て

「グランド・ブダペスト・ホテル」にはまったので、ウェス・アンダーソン監督作品をアサリ、これをチョイスした。 先の作品同様、レトロチックで凝りに凝った映像は期待通りだった。 強烈なキャラの登場人物たちと、アクの強い演出。 […]