映画

映画「さよなら、僕のマンハッタン」を観て 映画

映画「さよなら、僕のマンハッタン」を観て

作家を志す青年が父親の浮気現場に遭遇。母を気遣い、別れさせようとその愛人を尾行するのだが・・・というお話。 ミイラ取りがミイラになってしまい、親子三角関係になってしまう。こう書くとドロドロの愛憎劇となりそうだが、そうはならず、この事件を転機とした青年の成長ストーリーとなっている。シティ・ポップのごと…
映画「日日是好日」を観て 映画

映画「日日是好日」を観て

親の薦めで茶道を習い始めた女子大生の話。 眠っていた茶道の才能が開花し全国大会で優勝するとか、茶道の先生が倒れてしまい素人同然の主人公が教室を立て直すとか、鑑賞前にいろいろストーリーを想像したのだが、本作はそんなベタなものではなかった。 手短に言うと、女性の四半世紀に及ぶ成長の記録と言ったところか。…
映画「500ページの夢の束」を観て 映画

映画「500ページの夢の束」を観て

自閉症の少女が施設を抜け出し、自ら書いたスタートレックの脚本を届けるべく、映画スタジオのあるロサンゼルスにたった一人で向かう、という話。 自閉症ということで、ロサンゼルスまでの道のりは前途多難。彼女の弱さにつけ込む悪い奴らが行く手を阻む。ただ、捨てる神もあれば、拾う神あり。理解ある人たちに助けられも…
映画「チョコレートドーナツ」を観て 映画

映画「チョコレートドーナツ」を観て

ゲイバーのダンサーと弁護士のゲイカップル、そしてダウン症の少年のお話。 時代は1970年代。さすがのアメリカも、LGBTという言葉も、彼らへの理解もない時代だ。ゲイカップルと言うだけで、バッシングの嵐なのに、加えて養子を迎えようと二人は奮闘する。もちろん一筋縄ではいかない。 二人の試みは法廷闘争にま…
映画「タリーと私の秘密の時間」を観て 映画

映画「タリーと私の秘密の時間」を観て

産後のストレスが限界に達した専業主婦が、タリーというベビーシッターを雇ったことで起きる出来事を描いた作品。 タリーの正体は、途中からおおよそ分かってくる。精神医学的にどうであろうと、主人公は自力で産後うつを乗り切ったんだろう。人生の歩み方に他人の理解なんて必要はないのだ。 主役を演じるのシャーリーズ…
映画「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」を観て 映画

映画「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」を観て

国際宇宙ステーションが、地球人と異星人との手により拡張され、1,000もの種族が暮らす惑星都市にまでになったという、遠い未来の話。 本来、字幕派なのだが、これは吹き替え版で鑑賞した。3人(匹?)の異星人の吹き替えをALFEEの3人が勤めているとのことだったので。チョイ役かと思いきや、そこそこ出番もあ…
映画「純平、考え直せ」を観て 映画

映画「純平、考え直せ」を観て

チンピラとOLのラブストーリー。チンピラと言っても、極道映画によくある血生臭いシーンはあまりない。 チンピラに一目惚れし、どんな人間かもわからないままホテルへ。エラい軽い女の子だ。そして、手にはいつもスマホ。チンピラ純平との行動を逐次SNSへ投稿…と言う、なんともイマドキな女の子だ。 そんな、イマド…
映画「きみの鳥はうたえる」を観て 映画

映画「きみの鳥はうたえる」を観て

ひさびさの日本映画だ。 2人の青年と1人の女性のひと夏のエピソード、と言ったふうに、これといった起伏もないストーリー。 淡々としたこういう作品、苦手な人もいるようだが、σ(^^)は大好物。言葉少ない役者たちのかすかな表情の変化を眺めつつ、心の揺れ動きに思いを巡らす2時間弱。いや~、至福の時間だ。 柄…
映画「パラサイト 半地下の家族」を観て 映画

映画「パラサイト 半地下の家族」を観て

まさかのアカデミー作品賞を受賞した話題の韓国映画。 日本アカデミー賞じゃなく、アメリカのだ。外国語映画じゃなく作品賞だ。韓国、いやアジア映画が同賞を受賞するなんてビックリである。 「字幕は読まない」というアメリカの観客に対する定説があったが、この事件?からするとこの定説はもう過去のものなんだろう。 …
映画「否定と肯定」を観て 映画

映画「否定と肯定」を観て

2000年、実際にあったホロコーストに関する裁判を題材にした作品。 ホロコーストや、ユダヤ人大虐殺などは歴史的事実として認識していたが、これを否定する人たちがいて、その真偽について、20世紀末に裁判で争われてていた事実にビックリした。 史実に関する争いはどこでもあるんだなぁ。東アジアで展開されるこの…
映画「逆光の頃」を観て 映画

映画「逆光の頃」を観て

50代のオジサン、アオハル映画を観る。 遠い過去をノスタルジックに回想しつつ…いや残念ながらこんなキラキラした青春は送ってない(^^;) まさにタイトル通り、「逆光」をごとく、まぶしい青春のエピソードを描いた作品。 ただ、これといったストーリーはないため、そういうのを期待してしまうと、肩すかしを食ら…
映画「THE GUILTY/ギルティ」を観て 映画

映画「THE GUILTY/ギルティ」を観て

アディア賞をおくります!そう叫びたくなる映画だった。 警察の通報室のオペレータを務める主人公。日本でいうところの110番でつながる先か。そして舞台はこの通報室のみ。 「事件は現場でおきてるんだぁ!」という肝心の現場がまったく見えないまま、被害者と思われる女性との通話のみで物語が進行していく。なんとも…
映画「リチャード・ジュエル」を観て 映画

映画「リチャード・ジュエル」を観て

1996年、オリンピック開催中のアトランタ。野外コンサートで起きた爆弾テロを題材にした作品。 アメリカ版プロジェクトXというか、ここのところ現代アメリカのヒーローを描き続けているクリント・イーストウッド。単なるヒーローではなく、「ハドソン川の奇跡」同様、ヒーローから一転して犯罪者に落とされる主人公が…
映画「ラッキー」を観て 映画

映画「ラッキー」を観て

一人暮らしの老人の日常を淡々と映し出しているという映画。老人の一人暮らし・・・オレオレ詐欺に遭うのか?それとも孤独死?あるいはボケがもとで近隣住民とトラブル? いえいえ、なんの事件も起きません。寡黙だけど偏屈ではないし、家族はいないけど友達はいる。波風の立たないストーリーだけど、σ(^^)はむちゃく…
映画「ブラック・クランズマン」を観て 映画

映画「ブラック・クランズマン」を観て

ピンとこないタイトル。クランズマンは、あの白人至上主義団体「KKK(クー・クラックス・クラン)」のクラン。黒人の白人至上主義者??へんてこなタイトルですが、まさにそのへんてこな物語が展開する作品。ノンフィクションということだが、どこまで事実に即しているのやら?? 主人公ロンはコロラド州の警察署初の黒…