映画

映画「きみの鳥はうたえる」を観て 映画

映画「きみの鳥はうたえる」を観て

ひさびさの日本映画だ。 2人の青年と1人の女性のひと夏のエピソード、と言ったふうに、これといった起伏もないストーリー。 淡々としたこういう作品、苦手な人もいるようだが、σ(^^)は大好物。言葉少ない役者たちのかすかな表情の変化を眺めつつ、心の揺れ動きに思いを巡らす2時間弱。いや~、至福の時間だ。 柄…
映画「パラサイト 半地下の家族」を観て 映画

映画「パラサイト 半地下の家族」を観て

まさかのアカデミー作品賞を受賞した話題の韓国映画。 日本アカデミー賞じゃなく、アメリカのだ。外国語映画じゃなく作品賞だ。韓国、いやアジア映画が同賞を受賞するなんてビックリである。 「字幕は読まない」というアメリカの観客に対する定説があったが、この事件?からするとこの定説はもう過去のものなんだろう。 …
映画「否定と肯定」を観て 映画

映画「否定と肯定」を観て

2000年、実際にあったホロコーストに関する裁判を題材にした作品。 ホロコーストや、ユダヤ人大虐殺などは歴史的事実として認識していたが、これを否定する人たちがいて、その真偽について、20世紀末に裁判で争われてていた事実にビックリした。 史実に関する争いはどこでもあるんだなぁ。東アジアで展開されるこの…
映画「逆光の頃」を観て 映画

映画「逆光の頃」を観て

50代のオジサン、アオハル映画を観る。 遠い過去をノスタルジックに回想しつつ…いや残念ながらこんなキラキラした青春は送ってない(^^;) まさにタイトル通り、「逆光」をごとく、まぶしい青春のエピソードを描いた作品。 ただ、これといったストーリーはないため、そういうのを期待してしまうと、肩すかしを食ら…
映画「THE GUILTY/ギルティ」を観て 映画

映画「THE GUILTY/ギルティ」を観て

アディア賞をおくります!そう叫びたくなる映画だった。 警察の通報室のオペレータを務める主人公。日本でいうところの110番でつながる先か。そして舞台はこの通報室のみ。 「事件は現場でおきてるんだぁ!」という肝心の現場がまったく見えないまま、被害者と思われる女性との通話のみで物語が進行していく。なんとも…
映画「リチャード・ジュエル」を観て 映画

映画「リチャード・ジュエル」を観て

1996年、オリンピック開催中のアトランタ。野外コンサートで起きた爆弾テロを題材にした作品。 アメリカ版プロジェクトXというか、ここのところ現代アメリカのヒーローを描き続けているクリント・イーストウッド。単なるヒーローではなく、「ハドソン川の奇跡」同様、ヒーローから一転して犯罪者に落とされる主人公が…
映画「ラッキー」を観て 映画

映画「ラッキー」を観て

一人暮らしの老人の日常を淡々と映し出しているという映画。老人の一人暮らし・・・オレオレ詐欺に遭うのか?それとも孤独死?あるいはボケがもとで近隣住民とトラブル? いえいえ、なんの事件も起きません。寡黙だけど偏屈ではないし、家族はいないけど友達はいる。波風の立たないストーリーだけど、σ(^^)はむちゃく…
映画「ブラック・クランズマン」を観て 映画

映画「ブラック・クランズマン」を観て

ピンとこないタイトル。クランズマンは、あの白人至上主義団体「KKK(クー・クラックス・クラン)」のクラン。黒人の白人至上主義者??へんてこなタイトルですが、まさにそのへんてこな物語が展開する作品。ノンフィクションということだが、どこまで事実に即しているのやら?? 主人公ロンはコロラド州の警察署初の黒…
映画「英国総督 最後の家」を観て 映画

映画「英国総督 最後の家」を観て

タイトルからして、権限移譲しインドから立ち去るイギリス総督と、別れを惜しむ現地職員の哀愁感漂う映画を想像していたのだが・・・これが大違い。インドは動乱の最中。宗教対立が激化し、各地で虐殺を横行する中、イギリスは憎まれる立場にあった。 インドにこんな動乱の時代があったとは。自分の無知を恥じるばかりだ。…
映画「時間回廊の殺人」を観て 映画

映画「時間回廊の殺人」を観て

久々に韓国映画。 冒頭、25年前の殺人事件現場から始まる。容疑者として逮捕された主人公は、服役し、仮釈放の期間、その事件現場となった自宅に戻ってくると・・・。 という、タイトル通り、サスペンスなんだろう、と思ってみていると、物語はあらぬ方向へ。 あれ?これホラー映画?25年ぶりに帰ってきた自宅で、ポ…
映画「ブランカとギター弾き」を観て 映画

映画「ブランカとギター弾き」を観て

イタリア映画だけど、舞台はフィリピン。さらに監督、脚本は日本人という、なにやら変わった作品。 みなしごのブランカは、たぶん自分で作ったであろうダンボールの家で過ごしている。ある日、盲目の年老いたギター弾きピーターと出会い、旅に出ることに。 ブランカもピーターも、いわゆる貧困層。ピーターは、路上でギタ…
映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」を観て 映画

映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」を観て

題名から察するにスパイ映画?と想像しそうだが、スパイは一切出てこない。ストーリーは、 ベトナム戦争に関わるアメリカ政府の機密文書を、スクープとして掲載した地方紙ワシントン・ポストのお話。 ベトナム戦争映画はいろいろ観てたが、戦場外でこんなことがあったとは初めて知った。 冷戦真っ只中の時代、東に勝つこ…
映画「レディ・プレイヤー1」を観て 映画

映画「レディ・プレイヤー1」を観て

ハリウッド映画に登場するガンダム観たさに鑑賞した。監督は、スティーブン・スピルバーグ。同監督作品で、こういうSFアクションものって久しぶりではないだろうか。 荒廃した近未来、人々が興じるのは「オアシス」というVRゲーム。没入感が半端なく、ゲーム世界の痛みまで体感できるという未来のゲームだ。主人公は、…
映画「裏切りのサーカス」を観て 映画

映画「裏切りのサーカス」を観て

サーカスとあるが…グレーテストショーマンがらみの映画じゃない。 タイトルのサーカスは英国諜報機関のこと。 冷戦時代、サーカスに紛れ込んだソ連スパイを見つけ出すというもの。 ただし、銃撃戦のようなアクションはまったくなく、捜査と推理だけが延々と続く。   人と事件がかなーり入り組んでいて、途中、置いて…
映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を観て 映画

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を観て

夏休みなので、小5の息子と2人でイオンへ。 お目当ては「でんじろう先生からの挑戦状」という催し。 せっかくだから、ついでに観たい映画ある?と聞いたところ、息子が答えたのがこの映画。 「天気の子」とかハリウッドアニメ映画を予想していたので、意外な答えだった。 というか、作品の存在自体知らなかった(-。…